2006年01月27日

→(/´△`\)るー刑事:2005・年度代表キルトクール馬

→(/´△`\)るー刑事:2005・年度代表キルトクール馬


【ドンガバチョレース】
2005 ジャパンカップ(G1)2着 有馬記念(G1)1着
【2005年度会心のキルトクールの発表あり】


【記憶のかけら】
ハーツクライはJC激走で有馬は来ないと思ってました。
だから有馬はキルトクール以前に来ないと思っていたのに・・・。
結果はディープインパクトを破って有馬制覇!
またまた「うちょ〜ん!うちょ〜ん!」でJCのドンガバチョ以上の衝撃でした。
というわけで年度代表キルトクール馬は
ハーツクライ君に決定
です。  ↓


キルトクール記憶の杜が新たに開設され年度代表キルトクールの選定が始まりました。
とゆーわけでキルトクール社の社員であるワタクシも一票。
他の人の投稿を見ているとドンガバチョした馬から選んだほうがいいのかな?


といってもブログはじめたのがそもそも秋からでG1くらいしか予想してなかったからね〜。
私のキルトクール成績はコチラ
自分的には3着でドンガバチャは正直どうでもいいwので1,2着に来てしまった馬を挙げます。

アルーリングボイス(ファンタジーS1着)
ハットトリック(マイルCS1着)
カネヒキリ(JCD1着)
ハーツクライ(JC2着)

この4頭です。

カネヒキリとアルーリングボイスに関しては武豊騎乗1番人気という時点で無謀なのはわかっていたのでショックは少なかったですw。

んで、残りの2頭のハットトリックとハーツクライはどちらも「うちょ〜ん!」って感じでしたw
正直衝撃度は同じくらいです。どちらかを選べといわれればハーツクライでしょう

ハーツクライはJC激走で有馬は来ないと思ってました。
だから有馬はキルトクール以前に来ないと思っていたのに・・・。
結果はディープインパクトを破って有馬制覇!
またまた「うちょ〜ん!うちょ〜ん!」でJCのドンガバチョ以上の衝撃でした。

というわけで年度代表キルトクール馬は
ハーツクライ君に決定
です。

〜おまけ:2005年度会心のキルトクール

1番人気でキルトクールに成功したのは2頭
デルタブルース(アルゼンチン共和国杯5着)
エイシンアモーレ(フェアリーS8着)

どちらが会心かというとエイシンアモーレですね。
デルタブルースは休み明けでいかにも飛びそうだったので「ああ、やっぱり」という感じでした。
エイシンアモーレは実績が飛びぬけていたにもかかわらずバッサリやって気持ちよかったですw

本人記事 URL
http://ru-san.jugem.jp/?eid=114#comments
posted by キルトクール社 課長 しげる at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | るー【刑事】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12339993

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。