2006年01月29日

→(/´△`\)十字龍一教官:2005・年度代表キルトクール馬

→(/´△`\)十字龍一教官:2005 年間最優秀(/´△`\)


【ドンガバチョレース】
2005 安田記念(G1)1着 1230DG
教官HP:AllAbout 競馬


【記憶のかけら】
【受賞理由】
上海滞在中で馬券購入できなかったジャパンCで本命にしたら見事に連対しておきながら、遠路はるばる現地観戦に赴いた有馬記念でキルしたら見事にドンガバチョだったハーツクライ。これもかなり印象的ではありますが、やはり衝撃度の深さはアサクサデンエンが最大級。  ↓




ふと思い起してみれば、昨年の今頃あたりからキルトクール株式会社とお付き合いを始めさせていただいております。株式会社というくらいで役職があるんですけど、なぜか著名隊と名付けられ巻き込まれたというか、そーいう関係なまま一年が過ぎてしまいました。社員に昇格する気配はなさそうですけど、辞任しないかぎりは外部顧問継続のようです。

で、2005年度代表キルトクール馬を選んで後生に語り継ごう!という記憶の杜をやっていますので、遅まきながら年間最優秀(/´△`\)発表。

それは・・

アサクサデンエン

2005 安田記念(G1)1着 1230DG

【受賞理由】

上海滞在中で馬券購入できなかったジャパンCで本命にしたら見事に連対しておきながら、遠路はるばる現地観戦に赴いた有馬記念でキルしたら見事にドンガバチョだったハーツクライ。これもかなり印象的ではありますが、やはり衝撃度の深さはアサクサデンエンが最大級。

回顧のコメントは『この馬名でG1奪取はないだろうという部分を含め、自信の消しだったアサクサデンエンでしたけど、久々にマル外馬のコワさを見せつけられた感じです。しかし、インタビューで自らを「男藤田」と言うのはどーかと思います。と言いつつ、RYU'S EYE予想陣におきまして、私(アサクサデンエン)→たかたか氏(スイープトウショウ)→ヒラケン氏(サイレントウィットネス)のキルトクール3連単でした。恐縮です』となってます。

馬名で消しというのはもちろん捨て台詞であり、私的競馬概論により理論的にキルトクール指名したはず(たぶん)なんですが、安全パイっぽい中途半端に人気薄なキルトクールが来た場合のショックは大きいのです。先週のシルクフェイマスしかり。今年もキルトクールは続けていく所存ですが、攻めの姿勢を忘れぬようにせねばなりません。構造偽装あるいは粉飾決算で過剰人気している馬をスっぱり消せれば、必ず結果はついてくるはず!と信じて・・
posted by キルトクール社 課長 しげる at 14:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 十時 龍一【教官】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12449765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。